思春期の正しい脱毛ケアについて

早い人であれば、中学生の頃から体毛が生え始め、ムダ毛処理を始める人がいます。はじめの頃は、独自に入手した情報と知識を元にムダ毛処理をしますが、間違ったムダ毛処理を行い、後々肌トラブルを起こしてしまうことがあります。思春期の頃のムダ毛処理方法で陥ってしまいがちなのは、ピンセットでムダ毛を抜く行為です。ピンセットを使うことで、根本からムダ毛を抜くことが出来るかのように言われていますが、実はあまり綺麗にムダ毛を処理することができません。毛根細胞が残ってしまうため、翌日の昼頃にはすでに皮膚からムダ毛が顔をのぞかせます。毛抜きを使ってムダ毛を抜いた場合、皮膚の中にムダ毛が入り込んでしまうことがあります。皮膚の中にムダ毛が入り込んでしまうと、肌が炎症を起こしてしまう可能性が高くなります。また、毛抜きを使っているうちに雑菌が毛穴に入り込み、炎症を起こしてしまうことがあります。

このような間違った無駄毛の処理の仕方は、思春期の頃に陥りやすい失敗です。ピンセットで肌を刺激すると、肌に傷がついてしまいます。傷がついてしまった肌は、その傷を治そうとして色素沈着を起こしてしまう恐れがあります。間違ったムダ毛処理の方法により、肌が汚くなってしまうので注意しなければなりません。では、正しい脱毛ケアについて紹介します。正しいムダ毛処理の方法を知り、肌トラブルを予防します。最近では、昔に比べて電気シェイバーを手頃な価格で購入することができるようになりました。学生であっても、お小遣いを貯めて電気シェイバーを購入することができます。電気シェイバーは、肌を保護することが出来る構造になっているので、カミソリを利用するよりも安全にムダ毛を処理することができます。また、家庭用の脱毛器を利用すれば、さらに綺麗にムダ毛を処理することができます。脱毛をした後は、肌が熱を帯びているため、色素沈着を防ぐために氷で肌のほてりを取ってあげることが大切です。親の理解があれば、思春期の頃から脱毛サロンに通うことをおすすめします。思春期の頃は、体も体の細胞も成長過程にあるために、永久脱毛はあまり効果がありません。

そのために、1ヶ月から3ヶ月ほど効果が持続する脱毛コースを利用することをおすすめします。脱毛サロンやクリニックでは、正しい肌ケアを受けることができます。多少費用はかかりますが、肌に負担をかけること無く、綺麗にムダ毛を処理することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*